2008.03 建築設備の基礎の基礎を一から学べる入門書!
柿沼 整三 伊藤 教子 共著
2008.03.09 第3回間伐材活用会議 於:矢祭村
ソフトユニオンの間伐材活用の会議を行った。地元での試作品等を見ながら意見交換今後の方針等を確認した。
中山/最勝寺/柴崎/井上/高信*/小沢*
地元木材企業代表者/担当者
2008.02 『タタミの魅力 和室のすすめ』07年10月ホ−ムメイク ニュ−ハウス出版

第1章:こだわりの空間としての和室

「和室と土間をギャラリ−として地域のコミュニティ−スペ−スに」−神奈川のN邸(スペ−ス楠樟)が掲載されました。
琉球畳の和室は絵画や彫刻作品、等を展示するギャラリ−として、定期的に地域の人に開放すると言うユニ−クな位置付け。玄関を兼ねている薪きスト−ブのある三和土の空間は、訪れる人々のコミュニティ−スペ−スとしての機能も果たしている。
2007.09 人生これから100年!「老い」の発想で家づくり  出版社:彰国社
この本は、どんな人にも必ずおとずれる「老いた時の住まい方」をテーマに元気なうちから、体の衰えや病気などの悩みにどう対応して家づくりを考えればよいかを、わかり易くまとめています。
加齢とともに住まい方が変わり、あちこちをリフォームしなければならないといった単に技術的な方法を列挙するのではなく、こんな時にはこんな工夫がある、等の内容で、身近な生活から家づくりの発想のヒントとなることを目指しています。
この本が、いつまでも自分の家で過ごしたいと願う皆さんの是からの生活に、少しでも役に立てばとの思いで出版されました。(アルコーブ・U)
生活スタイル・敷地を活かす快適「間取り」プランのつくり方  出版社:ナツメ社
住いにはそのプランに込められた、家族やその敷地・周辺の環境への「理解」の深さと、形・空間・構造・設備・コスト等の「裏付け」をより確かにするための、プロのノウハウを可能な限り解り易くお伝えしようと、豊富な経験を持った建築家によって執筆されました。
この本を通して、プロがプランニングに際し、何を考え、どのような方法で設計を進めているかを読み取っていただき、それを皆さんの「夢の家」実現のために役立てればとの思い出出版しました。(アルコーブ・U)
2007.09 私たちが協賛した都市緑地の一部としての農地を考える”立川アートin ファーム”が9月20から29日の予定で開催されます。
関心のある方は artin@farm.scape.co.jp までお問い合わせください。

ポスター

案内ハガキ

2007.09 私たちが協賛した都市緑地の一部としての農地を考える”立川アートin ファーム”が9月20から29日の予定で開催されます。
関心のある方は artin@farm.scape.co.jp までお問い合わせください。

ポスター

案内ハガキ

2007.08 ソフトユニオンの名誉会長の伊藤ていじ先生とひと時を過ごしました。今年で85歳になられましたが、ますますお元気の様子です。
先日、白山にある「五右衛門」という湯豆腐料理の店で、ユニオンの活動の報告と昔話に花を咲かせました。
また、最近の「住宅建築」高須賀晋さんの特集に寄稿していますので、ご覧ください。(中山繁信)
2007.05 『住宅建築』2007.5 月号 /建築設計資料社 小玉裕一郎のパッシブデザイン つくばの家(栗原宏光)
2007.04 『住宅建築』2007.4 月号/建築設計資料社 アジアの集落 その暮らしと空間/第2 回  ラオス・ソピーカオ村/アカ族
(栗原宏光)
2007.04 『建築設計資料』108 大学施設/建築設計資料社 芝浦工業大学 豊洲キャンバス 東京大学柏キャンパス 環境棟
(栗原宏光)
2007.04 『明日の友』2007春号/婦人之友社 私の住み替え 三世代で母の介護を/設計・熊坂 寛(栗原宏光)
2007.04.23 4月23日発売
Landscape Design no54,
巻頭対談・およびWorks+文、「マンション(現代の民家)の外部空間について」・
発表(井上洋司)
2007.04 建築家「宮脇檀」の住宅作品と設計に対する姿勢を記した本を山崎健一氏らと
『宮脇檀の住宅設計』をエクスナレッジより出版(中山繁信)
2007.04 2007年3月26日にニューハウス出版株式会社より発行の「ニューハウスムックNo.123、木の家がいちばんVOL8」の104ページに「湯河原の家−中山邸」掲載されます。
木の温もりに包まれた自然素材でつくられた家です。(海谷寛)
2007.03.21 シンポジュームコーデネーターをする。
飯田市(長野県)裏界線フオーラム・主催ーー箱根彫刻の森美術館
飯田市が戦後大火災の後、密集家屋の現況を打破すべく、市民より自らが提供した消防活動用路地状公地のあり方を、街の特異な都市空間ととらえ直し、再評価する、飯田市が後援するシンポジューム
パネラー大林宣彦ほか(井上洋司)

 

2007.2 『住宅建築』2007.2月号/建築設計資料社 アジアの集落 その暮らしと空間/第1回  ネパール・マハデブ村/タルー族
(栗原宏光)
2007.2 世田谷区花見堂小学校でゲストティチャーとして、「理想の家」の好評と「住まいと環境について」講義をする。
2006.11 昨今、すべてPCやCADの時代ですが、人間が持っている優れた能力を見つめ直すための書です。   
『手で練る建築デザイン』彰国社より出版。(中山繁信)
2006.10.16 建築会館にて
日本建築学会 水環境憲章小委員会 主催シンポジューム・パネラー 井上洋司
雨と水循環(暮らしに活かす雨の建築術について)
2006.07 東川町「グリーンヴィレッジ」好評につき第二期分譲計画開始
照明学会基礎講座スクーリングにて「新しい照明技術の話題」講演(岩井達弥)
2006.05 『建築知識6月号』「宮脇檀の人と作品」座談会と作品に関する著述(中山繁信)
『街・住まいづくり市民講座』にてテーマ「都市の住まいに自然を生かす」について講演 (十文字 豊)
東京オペラシティー内(木童東京ショールーム)にて 
「三人の建築家による住宅模型と写真展」開催 (十文字 豊)
『商店建築5月号』三菱東京UFJ銀行リテール改装・大阪・名古屋を掲載(岩井達弥)
2006.04 高信碩文氏より杉の間伐材に関する有効利用についての提案の打診
茨城県東館へ間伐材を利用したモデル住宅視察(猪野、柴崎、井上、最勝寺、栗原、柿沼、中山)
東川町「グリーンヴィレッジ」販売開始
「美術研究所△開館記念展」出展 (柴崎恭秀)
今秋出版予定の『Le Corbusier-The Poetics of Machine and Metaphor』を翻訳中 (繁昌 朗)
2006.03 『建築雑誌4月号』日本建築学会 デザインサーヴェイに関する著述(中山繁信)
ラオス・モン族集落調査写真取材 [芝浦工大畑研究室とラオス国立大学建築学科の合同調査] (栗原宏光)
「日本工業大学百年記念館」着工 2007.4竣工予定
図書館を中心とする複合施設(設計協力、繁昌 朗)
かわさき地域人材フオーラム「定年後にあなたのスキルを活かす」について   パネルディスカッションコーデイネーター (笹原 克)
2006.02 『東京エコシティー新たなる水辺都市へ』〈共著〉鹿島出版会より出版(猪野忍)
「福島現代美術ビエンナーレ」(財・福島県文化振興事業団主催)理事・コーディネーター、展示空間デザイン担当(柴崎恭秀)
2006.01 「東川町景観条例策定委員会」にて意見アドバイス (中山、井上)
東川南町第一期宅地を「グリーンヴィレッジ」と名称
宅地購入者へグリーンヴィレッジのビジョンを説明する。(中山、井上)

 

カーハウス提案の一例

2005.12 東川南町第一期分譲宅地に関するコンセプト、公園植樹、照明計画を提案(井上洋司、岩井達弥)
2005.11 国際シンポジューム「雨と共生する水辺都市の再生」建築学会・部会コーディネーター(井上洋司)
7月に出版された「雨の建築術」を中心としたテーマで国際シンポジュームが開かれた
2005.10 東川町にて「美しい街、住みよい住宅地とは」について、町長および関係者へプレゼンテーションをする。(中山繁信、井上洋司)
東川町バス停留所照明計画アドバイス (岩井達弥)    
2005.09 公明新聞「空間無視・日本の風景―自然と違和感なく共生しうる空間のありようについて」(猪野忍)
2005.08 北海道東川町より「街づくりに関する」相談を受け視察
 (曽根陽子、中山繁信、井上洋司)
「工学院大学八王子キャンパススチューデントセンター」コンペ応募(柴崎、海谷、十文字、岩井、井上、柿沼、中山、曲山、他)
「工学院大学八王子キャンパス研修センター」コンペ応募
(柴崎、海谷、十文字、岩井、井上、柿沼、中山、曲山、他)
2005.07 雨水の有効活用に関する『雨の建築術』北斗出版より出版(井上洋司)
2005.06 ネパール・ムスタン写真取材 [芝浦工大畑研究室と京都大学吉田・上谷研究室との合同調査]
2005.05 住宅専門誌『住宅特集』にて「旅のチカラ」連載 (中山繁信)
5月号 「涼房のある街」、6月号 「穴居住宅 ヤオトン.」
7月号 「ぶどう棚のある街路」
『建築設備士5月号』に「ガラス建築と照明」について執筆(岩井達弥)
2005.04 『建築雑誌4月号』「建築の?と!日本の照明文化」について執筆(岩井達弥)
『新建築4月号』「ヒロ・プリモ」掲載
(岩井達弥)
2005.03 ラオス南部・「タルー族の住まいと暮らし」写真展をラオス日本センターにて開催 (栗原宏光)
2005.03 住宅を作る人たちへの指南書『住まいの礼節』を学芸出版社から出版(中山繁信)
2004.12 ラオス・アカ族集落調査写真取材 [芝浦工大畑研究室、ラオス情報文化省との合同調査] (栗原宏光)
2004.08 新潟県十日町市青年会議所の依頼で「地産地消のまちづくり」について講演〈最勝寺靖彦〉
『新建築8月号』わろうべの里〈佐藤総合計画)富士通ソリュージョンセンタ     
―〈山下設計)掲載(岩井達弥)
2004.07 エコハウスを設計に関する入門書『エコハウスの設計』オーム社〈共著〉を出版 (柿沼整三)
都市計画キャラバン「まちづくりとアートイベントの連携」について、パネリストとして講演 (笹原 克)
2004.05 『新建築5月号』高松シンボルタワー〈シンボルタワー設計室〉掲載(岩井達弥)
断熱の必要性と実務上のポイントを記した『建築断熱の考え方』オーム社から出版 (柿沼整三)
2004.03 ドイツ・NRW州福祉産業シンポジューム「福祉産業とバリアフリーの街づくり」についてパネルデイスカッションコーデイネ―ター
 (笹原 克)
2004.01 『新建築1月号』神奈川県立近代美術館葉山〈佐藤総合計画〉掲載(岩井達弥)
主催、徳島県職員組合にて「日本の風景の作り方」について講演(井上洋司)
2004〜 徳島県脇町重伝建地区にてまちづくり交付金事業をサポート(最勝寺靖彦)

Copyright © Since 2006 SOFT UNION. All rights reserved.